PIE COMIC ART

WEB連載

シキノメモリエ

シキノメモリエ第11回 : 「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」-春の弐-

 

 今回は七十二候のひとつからタイトルとイメージを頂きました。 まだまだ気温の低めな時期が続きますが、あたたかくなってきた時の、地中に潜んでいた虫や動植物の動き出す気配と、それらの微細な命の動きが山肌から香り立つ様を想像してしまう単語だなと思ったので、そこを表現できればと考えて描きました。

 

©ホノジロトヲジ

 

霞始靆(かすみはじめてたなびく)…七十二候のひとつ。二十四節気の雨水(うすい)の次候、2月下旬くらいのこと。雨水の初候が、土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)。

 

 

Rough draft

春っぽさを意識して、淡くてふわっとした色彩を目指して構成しました。

霞始靆のひとつ前の土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)という言葉からも少しイメージを頂いています。

 

 

(ホノジロトヲジ)
 

 

・ 編集部より

今回の子たちは、いままでの子より大人っぽくて、なんだか神様みたいですね(個人の感想です)。 春らしい暖かい日があったかと思うと、またすぐに冬に逆戻り、そんな日々ですが、皆様、どうぞご自愛くださいませ。

 

次回の更新は3月中旬頃の予定です。お楽しみに!

ページ先頭へ
COMIC ART TOP