pie_logo_400px.png

mag.png

タイトル小.png

世界的な著名人の文字から、道ばたで拾った名もなき字まで。
くせ字蒐集家の井原奈津子氏が採取した、
めくるめく「くせ字」の世界を紹介する書籍『美しい日本のくせ字』が今秋発売となります。
こんな字を書く人は、いったいどんな人なのか?想像しながらお楽しみください!

1big.jpg


#002
異国のカレー文字
(見よう見まねフォーリン系)

外国人が書いた日本語は、そのつたないながらも一生懸命な筆運びゆえ、新鮮で魅力的なことが多い。
10年ほど前、勤務先に近かったため、毎日のようにこの店の前を通った。
「日替わり」なので日々メニューが違う。すなわち字も違う。ありがたや、と楽しんでいた。
「『か』、そんな風に書くんだ?」「『ひ』はそう来たかあ!」
「今日の『替』は口が大きいな(字を顔に見立てていた)」、などなど。
 街を歩いていて見つける外国人店員が書いたメニュー、そのなかでもカレー屋の文字は、
「同じ店か?」と思うほど雰囲気が似ていることが多い。
なぜなんだろうと、文字を書いていると思われる方々の国、
インド・タイ・ネパール・ミャンマーなどの文字を調べてみたら……。

この「異国のカレー文字」をどう読み解いたかは、本編にて!

2n.jpg

4no.jpg

10no.jpg

「の」あれこれ

2.jpg
5.jpg
8.jpg

「日替わり」あれこれ


< #001目次へ#003 >





有名人の字から道端で拾った字まで。くせ字から日本が見える!
『美しい日本のくせ字』
好評発売中!

jg5.jpg


Profile
井原奈津子
くせ字愛好家。1973年、神奈川県生まれ。
多摩美術大学卒業後、主にエディトリアルデザインに関わる。
現在は筆耕、習字の指導などを行う。
「くせ字練習会」など手書き文字のワークショップも開催。