pie_logo_400px.png

mag.png

タイトル小.png

世界的な著名人の文字から、道ばたで拾った名もなき字まで。
くせ字蒐集家の井原奈津子氏が採取した、
めくるめく「くせ字」の世界を紹介する書籍『美しい日本のくせ字』が今秋発売となります。
こんな字を書く人は、いったいどんな人なのか?想像しながらお楽しみください!

08_main_01+.jpg


#003
多忙を極めた字
(批評家・佐々木敦さんの字)

字を書くよりも頭の回転が速いのはもちろん、追いついていないのを通り越して
頭から思考(=字)が溢れてしまっている。いわゆる「脳からはみ出し系」の字だ。
この字は1995年、ある音楽イベントで配られた印刷物で、
DJとして出演した、批評家の佐々木敦さんが書いたものである。
その後、私が音楽雑誌のデザインをしていた関係で、彼の直筆をしばしば目にするようになった。
ワープロ原稿に添えられた「よろしくスミマセン」「おくれてゴメンナサイ」といった文字が、
FAXからジワジワ出て来るときの可笑しさと言ったら!

「急いで書いているから」「多忙だから」出来た字。
しかしそれだけではない何かが、この字にはある……
つづきは本編にて!

1 ノイジイなインプロ.jpg

ノイジイなインプロ



3 最高に面白い。.jpg

最高に面白い。




5 ホーン・ジャンク・プログレ・コア。.jpg

ホーン・ジャンク・プログレ・コア。




6 ハイテンションの変態!!スゴイ.jpg

ハイテンションの変態!!スゴイ


< #002目次へ#004 >





有名人の字から道端で拾った字まで。くせ字から日本が見える!
『美しい日本のくせ字』
2017年5月下旬発売!

jg5.jpg


Profile
井原奈津子
くせ字愛好家。1973年、神奈川県生まれ。
多摩美術大学卒業後、主にエディトリアルデザインに関わる。
現在は筆耕、習字の指導などを行う。
「くせ字練習会」など手書き文字のワークショップも開催。