pie_logo_400px.png

mag.png

タイトル小.png

世界的な著名人の文字から、道ばたで拾った名もなき字まで。
くせ字蒐集家の井原奈津子氏が採取した、
めくるめく「くせ字」の世界を紹介する書籍『美しい日本のくせ字』が今秋発売となります。
こんな字を書く人は、いったいどんな人なのか?想像しながらお楽しみください!

02_メイン.png

#004
聖子ちゃんの字
(闇につつまれたファンタジー)


 松田聖子さんのデビューは1980年、そのとき私は小学1年生。
姉の影響で、すぐにファンになった。歌も本人も大好きだったが、
雑誌などに載っていた彼女の手書き文字に対しては「下手だなぁ!」と思っていた。
 聖子さんの字は、当時流行っていた「丸文字」。
女の子だったら丸文字を書かないとダサいという時代だった。

時は流れて私は社会人に。相変わらず聖子さんのファン。
離婚された時、スポーツ誌に直筆のFAXが載った。
その字を見て仰天、かつての「聖子ちゃんの字」とは全く異なったものだったのである。
丸文字ではない、細長く、可憐な字。

そしてつい最近の2015年。
聖子さんが出演したラジオ番組のサイトに、直筆が載った。なんと、初めて見る字だったのだ。


一体どういうこと? 字件(事件)です!
つづきは本編にて!


※文字は著者が臨書したものです

02_サブ2.png

わがままな私

02_サブ3.png

小さな白い教会

02_サブ4.png

“大恋愛”

02_サブ5.png

“女の子らしさ”



< #003目次へ#005 >





有名人の字から道端で拾った字まで。くせ字から日本が見える!
『美しい日本のくせ字』
好評発売中

jg5.jpg


Profile
井原奈津子
くせ字愛好家。1973年、神奈川県生まれ。
多摩美術大学卒業後、主にエディトリアルデザインに関わる。
現在は筆耕、習字の指導などを行う。
「くせ字練習会」など手書き文字のワークショップも開催。