PIE-International_logomark_1000-218.jpgPIE-International_logomark_1000-218.jpgbtn_facebook.gifbtn_facebook.gifbtn_twitter.gifbtn_twitter.gifbtn_cart.gifbtn_cart.gif



 か わ い い 本 作 り の こ ぼ れ 話 と 選 り す ぐ り の 雑 貨 を お 届 け し ま す
世界のかわいいみつけた

SHOP 世界のかわいい雑貨が買える!SHOP 世界のかわいい雑貨が買える!

france-mingei_title1.jpg

フランス各地方によって特色が異なる民芸品。
職人さんの手仕事のほか、取材で訪れた美しい街並みをご紹介します。

france-mingei_title2.jpg

dai_08.jpg

ブルターニュ地方のかわいい島、
ベル・イル・アン・メール

belle-ile-(1)-copy.jpg

belle-ile-(2)-copy.jpg

季節も場所もガラリと変わって、今回はブルターニュ地方にある、ベル・イル・アン・メールの島を訪れてみましょう。大西洋に浮かぶ、ブルターニュ地方最大の島で、フランス北西部にある、細長く突き出たキブロン半島の南端からフェリーに乗って渡ります。

belle-ile-(3)-copy.jpg

belle-ile-(4)-copy.jpg

到着する場所は、島の中心であるル・パレの港町。着いた途端、外壁をカラフルに塗られたかわいらしい建物が並んでお出迎え。季節は5月頭の春真っ盛りです。ポカポカ陽気の中、島のあちこちでは桜が咲き乱れ、さらに町を美しく彩っていました。

belle-ile-(5)-copy.jpg

belle-ile-(6)-copy.jpg

港から町の中心にある広場へと足を踏み入れると、小さな市場が開かれています。活きのいい魚介を扱うスタンドが目につくのは、やはり港町の市場ならでは。島の食を支える市場らしく、基本的な食材がひと通り揃っていますが、中には手作り小物を売るスタンドもありますよ。これが今回の旅の目的である民芸を売る、ニヴェルさんのスタンドです。

belle-ile-(7)-copy.jpg

belle-ile-(8)-copy.jpg

続いて市場が開かれている広場から坂道を上ったところにある、手芸用品店へと向かいましょう。ブルーの外観が目を引く昔ながらのお店は、ル・ガクさんの祖母の代からのもの。ル・ガクさんもこの島特有の“あるもの”を作る一人なのです。実はル・ガクさんの手芸店でそのキットを買うために、約4年前にもベル・イル島を訪れたことのある私。“そのもの”は無事に作り終え、今では日本にある私の実家に飾られています。

belle-ile-(9)-copy.jpg

belle-ile-(10)--copy.jpg

高台にある要塞や、ル・パレの小さな町を散策するだけでも十分に楽しいのですが、せっかくベル・イル島に渡ってきたのだから、島を一周してみましょう。取材時はさすがに時間がなかったのですが、前回来た時は港で車をレンタル。なんとここでは、古き良きフランス車、シトロエン社の2CVが借りられるのです!

belle-ile-(11)--copy.jpg

belle-ile-(12)--copy.jpg

自分で車を買うならシトロエンの2CV、とかなり本気で思っているほど、私は古くてかわいいフランス車好き。1948年に売り出されたシトロエンの2CVは、フランス人にも人気が高く、今でもパリや田舎を走る姿を時々見かけることがあります。とはいっても今まで実際に乗ったことはなく、これが初めて。フランスの島を小さなフランス車で回るなんて、フランス気分満点でしょ!

belle-ile-(13)-copy.jpg

belle-ile-(14)--copy.jpg

屋根を開けて意気揚々と走り出したはいいけれど、走行中にキャンバス製の屋根を巻き上げていたバーが吹っ飛ぶという事件が勃発! こんなオンボロ車を貸し出していいものか、と思うのですが、その適当さはやはり島気質なのでしょう。幸運にも後続車がなく、車の後方に落ちていたバーを拾いに戻り、自分たちで修理。その後はあえなく屋根を閉めたままで走りました。

belle-ile-(15)-copy.jpg

belle-ile-(16)-copy.jpg

田舎道を走るとボロン、ボロン、揺れること、揺れること。現代の車と比べるとオモチャみたいでまさにチャチな感じですが、自然の中をのんびり走るには最高!牧草地にいる牛や馬にあいさつをしながら、心地よい風に吹かれて島の端っこにある海岸へ。広々とした砂浜では、島の子供たちがかけっこの練習をしていました。

belle-ile-(17)-copy.jpg

belle-ile-(18)-copy.jpg

belle-ile-(19)-copy.jpg

街以外は、ポツンポツンとカラフルな家が見られるだけで、穏やかな自然に囲まれたベル・イル・アン・メールの島。ゆったりと時間が流れる、フランスでも独特な島の雰囲気はまた格別なものです。ブルターニュ地方を訪れる機会があれば、ぜひ足を延ばしてみてくださいね。

ところで、問題の島の民芸は何なのかって?そちらはどうぞ、本書でお楽しみください!(※ヒントは写真の中に隠されていますよ・笑)




酒巻洋子
フリー編集ライター。フランス在住でパリとノルマンディー地方を行き来する生活を送る。著者に『パリにゃん』(産業編集センター)、『お散歩しながらフランス語』(三修社)、『シャンブル・ドットで見つけた パリ流インテリア』(新紀元社)など多数。パリのお散歩写真をブログ“いつものパリ”で公開中。
http://paparis.exblog.jp/

前の回へ次の回へアーカイブへ

決4468_フランス暮らしの中のかわいい民芸cover_obi.jpg絶賛発売中!
『フランス 暮らしの中のかわいい民芸』
buy_net.jpgbuy_net.jpg:buy_pie.jpgbuy_pie.jpg

どこかなつかしく、眺めるだけであたたかな気持ちにさせてくれる、暮らしの中の民芸品。フランスにはリネン、陶器、キッチン道具、かごなど、地域ごとに特徴のある昔ながらの日用品が多くあります。長く一般の家庭で愛されてきた、素朴であたたかな道具たちを紹介します。

先頭へsankaku_up.jpg

トップページへsankaku_up.jpg

b_note.jpgb_note.jpg

b_PAPERBOOK.jpgb_PAPERBOOK.jpg

100枚バナー_02.jpg100枚バナー_02.jpg

shoei_paris.jpgshoei_paris.jpg曜日別&地区別
かんたんパリ歩き
近郊の街と日帰り旅行
絶賛発売中!


russia_mingei_obi-.jpgrussia_mingei_obi-.jpgロシア
暮らしの中のかわいい民芸
絶賛発売中!


決4446_フィンランドのアラビア手帖jac.jpg決4446_フィンランドのアラビア手帖jac.jpgフィンランドの
アラビア手帖
絶賛発売中!


shoei_finland-design.jpgshoei_finland-design.jpg北欧フィンランドの
かわいいデザインたち
絶賛発売中!


決4463_ヨーロッパのかわいい紙もの_COVER.jpg決4463_ヨーロッパのかわいい紙もの_COVER.jpgヨーロッパの
かわいい紙もの
絶賛発売中!


cover.jpgcover.jpgかわいいバンコク案内

絶賛発売中!


決4468_フランス暮らしの中のかわいい民芸cover_obi.jpg決4468_フランス暮らしの中のかわいい民芸cover_obi.jpgフランス
暮らしの中のかわいい民芸
絶賛発売中!


決4501_フランスかわいい紙めぐり~旅の思い出でつくる雑貨JAC.jpg決4501_フランスかわいい紙めぐり~旅の思い出でつくる雑貨JAC.jpgフランス
かわいい紙めぐり
絶賛発売中!


決4469_夜長堂の乙女モダン蒐集帖JAC.jpg決4469_夜長堂の乙女モダン蒐集帖JAC.jpg夜長堂の
乙女モダン蒐集帖
絶賛発売中!


決4514_北欧スウェーデン暮らしの中のかわいい民芸_カバー.jpg決4514_北欧スウェーデン暮らしの中のかわいい民芸_カバー.jpg北欧
暮らしの中のかわいい民芸
絶賛発売中!


cover.jpgcover.jpgかわいいチェンマイ案内

絶賛発売中!