僕はマティス

僕はマティス
官能的な快楽なしには、何も存在しない
大胆な色使いの作風で知られるマティス。彼にとって絵を描くことは、生きることの豊かさと美しさを肯定することだった。見る者の感性に訴えかけてくる「激しい生の姿」を表現した作品のエネルギーは、今なお色あせることを知らない。
監訳者: 岩崎亜矢 翻訳者: 富永佐知子
Format:B5判
Size:228mm×173mm
Pages:80 Pages (Full Color)
Binding:ハードカバー
ISBN:978-4-7562-4628-8 C0071
発売元 パイ インターナショナル
定価 (本体1,600円+税)
ネット書店で購入する
other sample imageother sample imageother sample imageother sample imageother sample image

関連書籍

back