2016年7月 

編集

悪い本ほどすぐできる 良い本ほどむずかしい
編集
すべての編集者に伝えたいメッセージがここに!
『週刊少年サンデー』『女性セブン』の創刊、『小学一年生』等の学習雑誌をはじめ、幾多の雑誌・書籍の編集にかかわってきた男 豊田きいち。生涯一編集者を自認した著者が、今、編集者として生きるすべての人に伝えたい渾身のメッセージを詰め込んだ一冊が完成しました。
著者:豊田 きいち 取材・執筆・構成:久野 寧子
Format:四六判変型
Size:188×122mm
Pages:408Pages (All 1C)
Binding:ソフトカバー
ISBN:978-4-7562-4822-0 C0095
発売元 パイ インターナショナル
定価 (本体1,800円+税)
ネット書店で購入する
「どこにいても、何を見ても、いつも、編集者の目でモノを見る。編集者として、考える。」

「「いい本」は「いい企画」のことではない。「儲かる本」のことである。」

「漫然と会社に行き、社長が立てた企画を本にするだけなら、その人は、編集者ではない。」

「守るべきことは、ただひとつ。「速やかに・爽やかに・率直に」行動することである。」

「編集者は、食いしん坊のほうがいい。食べ物のウマいマズいが分かる人は、色のデリカシーも、人間関係のデリカシーも分かる。」etc.

含蓄ある言葉の数々で“あらまほしき編集者像”を語る。
other sample imageother sample imageother sample imageother sample image

関連書籍

back