pie_logo_400px_w.png

mag_w.png

top.jpg



時は平安——

べっちょりと墨を溢したような、深い深い夜の中、燃えるような真っ赤な体に屈強な腕をした男、
その肩には細く凛と澄ました少女が乗っていた。少女は言った。
「赤鬼はどうして怒ってるの?」
すると隣で「キャキャキャキャ」と笑い声がこだまする。
見ると赤鬼のその右手には丁度腰の丈くらいの青い犬がいる。名を青鬼といった。
「小娘よ、赤鬼の体は怒っているのではない、」と青鬼は言った。
「怒りに身を任せ、血に染まった呪いの赤みじゃ。元はお前と同じ人間の男じゃ」
「私は女の子よ!!」
「うっ!」
間髪入れず言い返す少女の言葉に青鬼は言葉を詰まらせた。
「それにあなた達、私に名前を付けてくれる約束でしょ!」
「おなごの分際で、何を言うか。名前が欲しいとは生意気な。この世においておなごは男の道具。
 名もなき事は当たり前。ほんに癖の強い小娘じゃ……」
それを聞き、少女は叫んだ。
「あー約束が違う!!」
「うるさい小娘が…」青鬼は小声で愚痴り、それを隣で聞いていた赤鬼が遠い目をして静かに言った。
「遥か遠く、ミーの祖国で女は強かった」
「し、しかし赤鬼よ、お前の気まぐれにも困ったものだ。そんな小娘を連れてどうするつもりだ?」
その言葉を聞いてか聞かずか赤鬼は言葉を続けた。
「娘よ、名を授けるという約束を今ここで果たそう、お前の名は〝ナオミ〟でどうだ?」
「あら、可愛い名前ね。じゃあそれでいいわ!」
彼女の名前はあっさり決まった。平安時代は男尊女卑が甚だしく、女子は家系図にも名も残せず、遺産相続からも外される時代。
ゆえに娘も名前が無かったのかもしれない。身も凍る夜の中、化け物に囲まれながらも少女はご機嫌だった。
名がある幸せを初めて知ったのだろうか。
そして青鬼は言った。
「ある日ワシは夢をみた。
 我が名は天照大神
 名もなき少女に餓鬼の悲しみ見届けさせ我に報告させよ。
 さすればお前達を人間に戻してやろう。
 とな、図々しくはあるが、まあ悪い話ではなかった。ワシらはそれを信じてお前をさらった。
 だからお前はたとえ身の凍る怖さがあろうともすべてを見届けなければいけない。
 さてもうすぐ飢えに飢えた餓鬼達が、おまえの甘い匂いを嗅ぎ付け必ず現れるはず。
 奴らの数は三十六鬼、そのすべてを見届けよ。それがお前とわしらの約束じゃ」
赤鬼は言った。
「ナオミよ、恐れに身を凍らせよ。そして、その目に焼き付けるがいい。悶え狂う餓鬼の姿を」
「大丈夫よ、私ちゃんと全部見てるから!」
そのころ村では娘がさらわれたことに誰も気がついていなかった。15歳にして嫁ぎ先の決まらぬ娘など要らぬということか。
つまり記録として少女誘拐事件は無かったことになっていた。だが、ここはひとつ少女妖怪事件として事の顛末を語ろうではないか
ひゃっ!ひゃっ!ひゃっ!
のちに赤鬼は言った。
「あの時、ミーは肩に夢を乗せていた」と。
一鬼と一匹、そして一人の少女の謎めいた旅が始まる。闇夜に潜む餓鬼三十六鬼を見る旅が。

1-1.jpg

漆黒の闇の中
三つの影が現れる。
がきさんじゅうろっき


1-2.jpg

さあ、
ナオミよ
すべてを見届けよ。

赤鬼は言った。


1-3.jpg

青鬼はナオミを食べないと決めた。
今宵もいよいよ三十六鬼夜行が始まる。
さて今夜の餓鬼は3匹じゃ!


1-4.jpg

赤い提灯が近づいてくる
チリンチリン、チリンチリン
「御用心にご用心」
背中の一つ目の傘が
声を上げていた。
青鬼は言った。
「これは、忠告妖怪御用心
奴が来るのは餓鬼が来る証
御用心はその警告
赤鬼、いよいよ来るぞ。
少女のにおいを嗅ぎ付けた
餓鬼たちが」
赤鬼は言った。
「ミーの存在を知っての
行動か、餓鬼どもよ!」
少女は状況が呑み込めず、
赤鬼の肩で震えていた。


1-5.jpg

今夜の餓鬼
最初の餓鬼は風を食べる食風じゃ
こやつは、飢えた人々への
施しを拒み、寒風に晒し、
その風を浴びて
笑っていた
悪い人間の
成れの
果てじゃ
今は
その
風のみを
食べるため、
紙をばらまき
明かりを照らし
いつも風を探している


1-6.jpg

今宵はこれで最後のようじゃ
あとは
空房に騙されずに朝日を待つとしよう
何だって?
あとの二鬼はどうしたかって?
ひゃっひゃっひゃ
目の前におるじゃろう?
ワシ青鬼と赤鬼じゃ。


今宵の餓鬼はどんな餓鬼?
こんなわしらに何か妖怪?



≫第2話



著 竹安佐和記
http://www.crim.co.jp/crim/Top.html

イラストレーター・ゲームキャラクターデザイナー

主な仕事
『デビルメイクライ』 モンスターデザイン
『鉄騎』 モデル製作担当、パブイラスト
『大神』 妖怪デザイン
『El Shaddai』 ディレクション、キャラクターデザイン 等


©Sawaki Takeyasu. All Rights Reserved.

ch.jpgゲーム&アニメ キャラクターデザインブック


最新ゲーム・アニメ作品のキャラクターデザイナーを一気に紹介

2009~2011年に発表されたゲーム・アニメを中心にキャラクターデザイン画を紹介。ゲームとアニメの垣根を取り除き、今、どんな絵柄が必要とされているのかが本書でわかる一冊です。 副島成記、金田榮路らのインタビューも収録。