来月3月25日公開予定の映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』。『マン・オブ・スティール』でリブートしたDCコミックスの映画シリーズの最新作、そして『ダークナイト』3部作以来の登場となるバットマンに名優ベン・アフレックが就任ということで、もう楽しみでたまらないというファンも多いはずです!

しかし、忘れてはいけないのは、同映画にはもうひとりのDCを代表するヒロイン、ワンダーウーマンが登場するということです。さらに、ヴィラン(悪役)DCヴィランの中でも中心人物の一人となるレックス・ルーサーも決定。また、いまだ正式なアナウンスはありませんが、海外の映画情報サイトでは、アクアマンやフラッシュなどのヒーローたちもクレジットされていると噂されています! 加えて、DCコミックス原作映画はこの先、ヒーローたちのチーム『ジャスティス・リーグ』や単体映画『グリーン・ランタン』を含む、複数のタイトルが予定されており、多くのDCキャラクターがスクリーンに登場してく予定です。

 

そんな盛り上がりをみせていくDCユニバースを前についに登場するのが、本書『DCコミックス アンソロジー』(2016年3月16日発売予定 価格:3000円+税)。上述したDCのヒーローたちの75年以上に及ぶ歴史の中で、時代ごとの名作エピソード16篇をDCコミックス自らが選んだコミック集です。弊社から2014年に刊行された、『バットマンアンソロジー』に続くシリーズ第2弾となります。

DCコミックスファンの方はご存知かと思いますが、歴史の長いDCコミックスでは、同じスーパーマンやバットマンでも、各時代ごとにキャラクターの設定やストーリーがリセットされ、その時代ごとのライターやアーティストの特徴が反映された、時代ごとのヒーローたちのストーリーが展開していきます。初期の年代がゴールデン・エイジ、それ以降はシルバー・エイジやブロンズ・エイジ、モダン・エイジ、現在の最新エピソードのシリーズがTHE NEW52と呼ばれていますが、本書ではそれぞれの時代ごとのエピソードがまんべんなく収録されています。

002004

本書が最新の映画の内容とぴったりリンクするわけではありませんが、各ヒーローたちの起源(オリジン)を知り、どの時代に、どのようなヒーロー像が愛されていたのか、それが時代の流れを経てどのように確立されていったのかが理解できる歴史書として、魅力あるコンテンツが豊富に揃っています。またDCコミックスのアートの変遷もたどることができ、いまではなかなか読むことができない貴重なエピソードにも触れることができます。(実際、DC本社に保管されている過去の生原稿から作られたデータをもとに編集したエピソードもあるのです!)

『バットマン アンソロジー』と同じく、作品が描かれた背景についての解説などもあり、監修はアメコミの第一人者、石川裕人さんが、コミック本文の翻訳は秋友克也さんが前作に引き続き担当されていますので、コアなファンのみなさまも安心して手に取ってみてください。DCユニバースへの理解と愛がよりいっそう深まること間違いなしです。

 

さらに、今回は数量限定の購入特典として、表紙を担当する人気アーティスト、アレックス・ロスが描くジャスティス・リーグメンバーのスタンディングポスター(A3サイズ)を進呈します。

DC_Poster_WEB

ポスターが入手できる店舗は随時アップデートしていきますが、現状では下記の店舗が決まっています。

 

●特典配布店舗

 

豆魚雷
ブリスターコミックス
ジュンク堂書店 池袋本店
書泉グランデ
高岡書店
書泉ブックタワー
有隣堂 ヨドバシAKIBA店
ヴィレッジヴァンガード 自由が丘店
紀伊國屋書店 新宿本店
(順不同)

 

このあとも特典配布店舗は増えていきますので、当HPや右カラムにあるPIE COMIC ARTの各種SNSなどで情報をキャッチしてください。

それでは、発売までいましばらくお待ちください!!