『えんとつ町のプペル』(にしのあきひろ著/幻冬舎刊)のメインイラストレーターを務め、その世界観を構築する圧倒的な画力で話題となった六七質(むなしち)先生。本書は六七質先生がこれまでに、仕事やプライベートで描いてきた数々の作品に、描き下ろしを加えて纏めた1冊です。

天高く層をなす建築物、複雑に錯綜するパイプライン、雑多で懐かしい街並 etc. 六七質先生が描き出す世界を刮目ください!

 

 

 

六七質先生が手がけた「幽落町おばけ駄菓子屋」シリーズ(蒼月海里著/角川ホラー文庫刊)や、「異世界転生に感謝を」シリーズ(古河正次/KADOKAWA刊)など、キャラクターも魅力的な装画作品も数多く収録しています。

 

 

 

 

タイトルの「層窟祭(そうくつまつり)」は、六七質先生が、絵を描いているときはお祭みたいに楽しい気分になることと、イラストの高層建築が石窟寺院みたいになっていることから名付けました。

読者の皆さんも、モノクロページも含め、224ページのボリュームを、ぜひ祭りのような高揚感でお楽しみください。

 

『六七質アートワークス 層窟祭』

定価:本体2,200円+税

サイズ: B5判(天地 257 mm×左右 182mm)

ページ数:224ページ(4c 200ページ)

 

プロフィール

六七質(むなしち)

町並み、工場、廃屋、巨大建築物などをモチーフに、独自のファンタジー世界を描き出すイラストレーター。

代表作:「デジモンワールドRe:Digitize」背景デザイン/「遙かなる時空の中で6DX」世界観デザイン/「テイルズオブゼスティリア」「テイルズオブベルセリア」コンセプトデザイン参加/「ガラスの花と壊す世界」世界コンセプトデザイン参加/「プリンセス・プリンシパル」コンセプトアート/「幽落町おばけ駄菓子屋」シリーズ装画/「幻想古書店」シリーズ装画/「異世界転生に感謝を」シリーズ装画 他多数