PIE International

    Welcome to PIE International website! Please select
    your country or region.

    We hope you enjoy our Pretty,
    Impressive and Entertaining (=PIE) Books!

    PIE COMIC ART

    WEB連載

    寺田克也原寸 中国ツア~日記 Diary of “KATSUYA TERADA REAL SIZE” China Tour

    【第3回】5月25日 広州市民、「リアル」と出会う /【Vol.3】May 25 th – People in Guangzhou encounters the Real.

    さて、本日は方所書店でのライブドローイングイベントの日です。長い一日だったので長めの日記です。

    Today is the first day of the live drawing event at Fangsuo bookstore. It was a long day and this will be a long diary.

    イベントの前に朝からメディア取材が入っています。7.gameというWebメディアです。著名な方が海外ツアーをすると、どんどん予定が入ってありがたいことですが大変ですね…。

    Before the event, in the morning, there was an interview session with the Chinese web media called 7.game. The schedule is jammed packed when a famous author like Terada-san travels abroad. It’s an honor but I assume it must be tough for him.

    創作について、漫画・ゲームキャラクターのデザイン・イラストなど多様な仕事について、フランスのメビウスさんからの影響についてといった質問を受けます。寺田さんのことをよく知ってるなあ。どうしてこんなに詳しいのだろう。「15歳のときにメビウスさんの影響を受けて、いまだに受けています」と寺田さん。

    Terada-san was asked many questions about his creation process, about his various works on manga and gaming character design and other illustrations works and so on. How does the interviewer know so much about Terada-san. I was astonished. A question on his influence from Moebius, Terada-san answers “I was influenced by him when I was 15 and I’m still influenced by him”.

    インタビュー終了後は記念撮影。本当に大ファンのようで「寺田さんはイラストを志す人にとってマスター(師匠)のような存在。80年代生まれの人も90年代生まれの人も、みんな寺田さんを尊敬しています」とのこと。

    Taking a commemorative photo after the interview. The interviewer was a big fan of Terada-san. He was saying “Terada-san is like the master for the ones who wish to become an illustrator. Everyone admires and respects Terada-san regardless if they are born on the 80’s or the 90’s.

    「Tシャツにサインをください!」
    「しょうがないな~、うわっ湿ってる!」
    このインタビューの様子は1週間後くらいに配信されるそうです。

    “May I have your autograph on the back of my shirt?”
    “Alright. Oh, the shirt is sweaty!”
    This interview will be broadcasted a next week.

    昼食。寺田さんと一緒に、牛肉麺です。ラーメンの原型なのかな。こういう街の食堂の食べ物がおいしくて、元気がでます。食は広州にあり。気合を入れて、方所書店に向かいます。

    Lunchtime with Terada-san. This is a Beef noodle. Maybe this is the origin of Ra-men in Japan. Tasty local food gives me lots of energy and cheers me up. The food in Guangzhou is so good. So, rolling up our sleeves we are headed for Fangsuo bookstore.

    イベント開始の一時間以上前に書店に着いてしまったので、まだ現場は設営中でした。キャンバスが本棚に取り囲まれていて、おもしろい! 本棚でお客さんと距離を作りつつ、変に緊張感を生まない作りです。……おや?左のほうに少年たちが並んでいます。もしかして、もう待っている?

    We arrived at the bookstore an hour before the event. The venue was still under preparation. I liked how the canvas was surrounded with shelves. Taking distance from the audience so as not to disturb the author. Nice idea. Hmmmm… I spotted some young people lining up. Are they here waiting already?

    イベントが始まるまで、コーヒーショップの目立たない席で待つ寺田さん。時間ができるとやっぱり絵を描き始めます。何かを模写しているようです。

    Terada-san was waiting at the discreet spot in a coffee shop until the event starts. He again starts draw. Seems like he is drawing someone/something in the store.

    すると少年の一人が、寺田さんの存在に気付いたようです。大丈夫かな。こっちに来たらどうしよう。

    A boy notices Terada-san. Is he going to approach us? What should we do?

    少年が近づいてきました。
    しかしコーヒーショップにまでは入らず、距離を置いてそっと、少年もスケッチを始めました。
    何を描いているかはわかりませんが、寺田さんを見つめる真剣なまなざしに、心を打たれました。

    He came near us but did not enter the coffee shop and took some distance and started to sketch something. I could not see what he was drawing but I was struck by his serious look towards Terada-san.

    そうしている間にも続々と人が集まってきます。みんな若い。

    In the meantime, the crowd is getting bigger and bigger. All of them are so young.

    キャンバスの設置完了。キャンバスの高さやライトの光量を確認しています。

    The canvas has been set. Just making a slight adjustment on height of the canvas and the light intensity.

    いよいよライブドローイング開始。飄々とキャンバスに向かう寺田さんに、拍手が巻き起こり、一斉にスマホの目が向けられました。

    Live drawing event starts. As Terada-san calmly faces the canvas, the audience makes a round of applause and turns their smart phones towards Terada-san.

    どこから描きはじめるのか? その線から、何が生まれるのか?この緊張感は、世界共通のようです。

    Where is he going to start to draw? What is going to appear from those lines? It seems like this tension at the live drawing event is universal.

    見てください、若者たちの目を!

    Look at these serious eyes of the young generation.

    文字通り身を乗り出し、飢えた目つきで、寺田さんの一筆一筆を食い入るように見つめています。左には先ほどの少年もいます。

    Literaly the audicence is leaning forward, following Terada-san’s every move with a hungry look. On the left hand side, you can see the boy who was at the coffee shop before the event.

    この目を見たとき、私は不覚にも涙が出ました。
    実際に彼らは飢えていたのです。
    彼らは「リアル」に飢えていました。これまでデジタルや紙媒体でしか触れてこなかった「マスター」の筆を、やっと目の当たりにすることができたのです。
    まさに『寺田克也原寸』。

    Tears rolled down my face when I saw these eyes. They were hungry, hungry for the real moment and they have now witnessed the master’s real drawing in real size in front of their eyes. Exactly, this is the concept of “KATSUYA TERADA REAL SIZE”.

    またたく間に龍が現れました。

    A dragon appeared in no time.

    会場は大混雑で、近づいて撮影することができません。

    As it was filled with so many people, now it’s impossible to get close and take pictures.

     

    当日はビデオ撮影によるライブストリーミングの世界配信も行われていました(後日、ビリビリ動画としてアップされる予定です)。また目撃中の若者たちが中国版Twitterと呼ばれるWeiboにも記事をどんどんアップしていきます。

    Live streaming was broadcasted worldwide (the recorded movie will be uploaded via BiliBili later on) and at the same time, young generation kept spreading the words via Weibo (The Chinese version of Twitter).

    Weiboはこんな感じ。

    This is how Weibo looks like.

    会場の熱気に魂を与えられたかのように、寺田さんの筆致は冴えわたります。

    Having been given a big energy from the crowd filled with excitement, Terada-san’s black marker becomes sharp as a knife.

    あっという間の2時間後、ライブドローイングは終了し、大きな拍手が巻き起こります。

    Two hours flew so fast and the event comes to an end. Again, the crowd gives him a big round of applause.

    カメラを向けると、寺田さんもこちらにカメラを向け、会場から笑いが。

    The crowd turnes their camera towards Terada-san and when Terada-san does vice versa the venue was filled with laughter.

    最後は自撮り棒でみんなで撮影。センドポインツさんの粋なはからいです。

    A crowd photo with a selfie-stick. What a nice arrangement by SendPoints.

    その後、しばし休憩。休憩中にも、コミック専門店「桜漫書店」さんが会いにきてくれました。書店さん用のPOPをプレゼント。

    A short break for Terada-san. During the break Sakura comic book shop from Comic City in Guangzhou paid a visit. A special POP card (point of purchase: a marketing material) was given to them.

    そしてサイン会開始。

    And the singin event starts.

    約80名の方々がサイン会に並びました。みなさん口数少なく、礼儀正しい。彼らにとって、著者となるような方は、先生、老師であって、軽々しく口を聞くものではないという考えがあるそうです。
    その中には先ほどの少年の姿もありました。彼もやはり口数は少なく、とても緊張しているようでした。それでも、伝えたいことがあるようで、スケッチブックを見せてくれました。

    Approximately 80 people have lined up for the signing event. They were all very polite, did not speak much. They have this way of thinking (tradition) that to them a person who is an author is like a master or a teacher and you should not talk to them in a friendly way. I saw the boy at the coffee shop again in the queue. He did not speak much as well. He seemed very nervous. But he had something to convey to Terada-san and showed him his sketch.

    寺田さんの影響を色濃く感じさせる線画です。
    メビウスさんから寺田さん、寺田さんから中国の少年へと引き継がれていくものを感じました。

    サイン会に並んだみなさんに、どのように寺田さんのことを知ったか尋ねたところ、漫画『大猿王』を通じて寺田さんを知った方たちや、イラストレーター志望で、先生や知人、インターネットで知ったということでした。
    そんな飢え求めてきた彼らと、それに応える寺田さんを、引き合わせることができた。

    私たちPIEは、出版を通じて「優れた文化やクリエイティブを、世界中の人たちに知って欲しい」といつも願っています。また出版は、人の人生を変える力がある、とても責任のある仕事です。

    今日の出来事は彼らの今後の人生を、たぶん良い方向に変えたと思います。彼らの真剣なまなざしには、そう信じられる力があり、自然と涙があふれてしまいました。この仕事ができて本当によかった。

    寺田さんはじめ、今日来てくれたお客様、センドポインツさんや方所書店さんに心から感謝いたします。

    イベント初日だというのにこんな大騒ぎで感動してしまい、これから上海、北京で身が持つのでしょうか…。

    寺田さんもイベント終了後は大変お疲れのご様子でしたが、中国・東北地方のおいしい羊料理や水餃子などたっぷりいただき、「早く寝る!」と言ってホテルへ。本当にお疲れ様でした。明日もよろしくお願いいたします。

    A drawing which you can see a strong influence from Terada-san. I felt something is being passed on from Moebius to Terada-san and to this boy.

    I asked people lining up for the signing event, how did they come to know Terada-san. Many got to know him from “Dragon girl and Monkey King”. Many of them want to be an illustrator and their friends and teachers recommended Terada-san. We have successfully introduced those hungry young generations to Terada-san who have satisfied their hunger.

     We PIE International wish to spread superb culture and creative works to the world through publishing. Publishing has the power to change people’s lives and it is a responsible task.

    I feel that what they witnessed today changed their lives in a good way. Their strong and serious eyes had a convincing power. That is why tears rolled down my face. I’m truly happy to be able to be in the publishing business.

    Experiencing such an extremely overwhelming event from the first day, now I’m kind of scared if I will make it till the last day of this tour. What will it be like in the upcoming cities Shanghai and Beijing…

    Terada-san seemed very tired after the event, but after having so many delicious North-East Chinese dishes such as lamb cuisine and boiled dumplings, he looked satisfied and headed back to his hotel saying “I’m going to bed!” Thank you so much Terada-san and see you tomorrow.

    (撮影・文:PIE三芳)

    ページ先頭へ
    COMIC ART TOP