PIE International

    Welcome to PIE International website! Please select
    your country or region.

    We hope you enjoy our Pretty,
    Impressive and Entertaining (=PIE) Books!

    PIE COMIC ART

    WEB連載

    寺田克也原寸 中国ツア~日記 Diary of “KATSUYA TERADA REAL SIZE” China Tour

    【第5回】5月27日 寺田克也、上海を訪ねる / 【Vol. 5】 May 27th – Katsuya Terada in Shanghai.

    楽しかった広州のファンとの交流を終え、今日は上海に向かいます。

    After an exciting two days of meet and greet with Katsuya Terada fans in Guangzhou, today we are headed for Shanghai.

    ホテルから広州の空港までのタクシー車中。車内から「今日は天候が悪いので、私の経験では飛行機は2時間遅れます。よい一日を」と日本語が聞こえてきてびっくりしました。運転手さんが翻訳アプリを使って、私たちに伝えてくれたのです。こちらも負けじと「運転手さんも事故の無いよう気をつけて」とGoogle翻訳で伝えたところ、「その翻訳は間違ってます」と返されてしまいました。

    On our way to the airport, inside the taxi I heard an AI speaking to us saying “According to my experience, because of the weather condition today, the flight will be delayed for couple of hours”. To my surprise the driver was using a translation application. So I used Google translation and said “Please be careful not to get into an accident” but the driver replied “The translation is not correct”.

    広州の空港に到着。

    We arrived at the airport in Guangzhou.

    運転手さんの予言通り、2時間遅れになりました…。待っている間、寺田さんはじめ、みんな仕事をしています。センドポインツの2人も一緒です。

    As the driver predicted, our flight was delayed for two hours… Including Terada-san, we finished some backlog work while waiting. Two people from SendPoints will be flying with us today.

    上海の空港に着いた頃には夕方になってしまいました。現地で27年在住の三田さんに、案内役として迎えに来ていただきました。

    It was already an evening when we arrived at the airport in Shanghai. We were welcomed by Mita-san, a guide who has been living in Shanghai for 27 years.

    中国でアートといえば上海。翌日イベントをする国営の「光的空間」に向かう道中にも、ウォールアートを見かけます。

    Shanghai is the city of art. I saw many murals (street art) on our way to the “Light space” Xinhua Bookstore.

    この施設内に光的空間があるはずですが…。シド・ミードさんが描く近未来都市のようです。

    There should be a bookstore in this building… It feels like we are in a futuristic city which Sydney Jay Mead depicts.

    本当にこんなところに書店があるの?

    Is there really a bookstore here?

    施設内は巨大で、複雑です。一人で歩いたら迷子になる自信があります。上に見えるのは明球美術館。その下に書店があるはずです。

    The building is gigantic, and complex. I’m sure I could easily get lost walking just by myself. On the upper floor you can see the Pearl Art Museum. The bookstore should be below the museum.

    光的空間に着きました! 書店員のみなさんが出迎えてくれました。

    Here we are! We are warmly welcomed by the bookstore staffs.

    イベントの告知もしっかりされています!

    A nice advertisement of the event!

    店の前のディスプレイには習近平国家主席の本が各国語版でずらり。さすが国営書店。

    Xinhua Bookstore is a national owned bookstore. That is why Xí Jìnpíng’s book, President of the People’s Republic of China, was displayed at the main entrance together with its multi language editions.

    店内。図書館のような雰囲気です。

    It feels like we are in a library.

    おっ、PIEの『グスタフ・クリムトの世界』や『妖怪絵草子』、『Cats in Ukiyo-e(ねこと国芳)』も置いてありました。

    Oh, they have our books! “The World of Gustav Klimt” (978-4-7562-5041-4), “Yokai Storyland” (978-4-7562-5122-0) and “Cats in Ukiyo-e”(978-4-7562-4287-7).

    奥に進むと、合わせ鏡のような世界が。どうなってるかわかります? 真ん中がくりぬいてある本棚がずらりとならんでいるのです。

    Entering deeper into the bookstore, we encountered an infinity mirror-like section. This is actually a row of book shelves with a hole in the middle.

    さらに奥に進んだところが、イベントスペースになるところです。

    Moving further, the event venue appears.

    まるでプラネタリウムのよう…。美しい建築物です。実はこの光的書店、安藤忠雄さんによる設計なのです。さすがです。寺田さんも美しい書店だとおっしゃっていました。

    Such a beautiful architecture, almost like a planetarium. Actually, “Light space” Xinhua Bookstore was designed by Tadao Ando, the legendary Japanese architect. No wonder. Terada-san was saying that it is a beautiful bookstore as well.

    上に登ってみたところ。明日のライブ・ドローイングは、ここからも見られるようです。オペラハウスのよう。すごいイベントになりそうでドキドキしてきました。

    A view from upstairs. Tomorrow’s event can be seen from here. It’s like an opera house and I’m already stoked that it’s going to be an amazing event tomorrow.

    下をのぞいてみると、ババーン!!

    何かわかりますか? そう、これは広州・方所書店で行ったライブ・ドローイングの作品です。

    広州のファンが固唾を飲んで見守っていた、寺田さんのリアルな肉筆作品を、上海のファンにもぜひ見せたい! ということで、こちらでも展示していただけることになったのです。明日が楽しみになってきました。

    Looking down, I saw Terada-san. Do you notice what these are? These are the drawings Terada-san drew in Guangzhou.

    We wanted people in Shanghai to see Terada-san’s real drawings, drawing which people in Guangzhou watched holding their breath as it formed its shape. Xinhua Bookstore was generous enough to let us display these artworks in their store. Tomorrow is going to be an amazing day.

    現場も見たし帰ろうか、としたとき、センドポインツのMIKIさんが古書の棚から動きません。「この本はすごいですよ、100年以上前の本です。値段にしたら、上海のトイレ一個分の土地が買えますよ」などといいながらはしゃいでいますが、その例えが微妙すぎてよくわからない。「よく東京ドーム何個分というのと同じです」。うーん、やっぱり微妙ですが、元・書店員だけあって本がとてもお好きなのはよくわかりました。

    When we were about to leave, Miki-san from SendPoints was nailed to one shelf displaying antiquarian books. She was frolicking saying “This book is more than 100 years old and it costs about the same as a toilet space in Shanghai”. Hmmm… I didn’t get the comparison… She says “Japanese refer to Tokyo Dome when comparing the size, it’s similar to that”. OK, I’m still confused but I understood that she loves book very much. She worked in a bookstore before.

    外に出て、光的空間の入っている建物を下から写したところ。巨大すぎて近くからでは全景がよくわかりません。でも光的の意味がわかりました。

    This is a low angle shot of the “Light space” Xinhua bookstore from outside. You can’t get the whole building into the frame from this distance. But now I understood the meaning of the “Light space”.

    建物の前ではサイモン&ガーファンクルの曲に合わせて踊るようにパフォーマンスをするアヴァンギャルドな噴水が。右下には合わせて踊る女性の姿も。中国のイメージが変わります(いい意味)。明日はどんなお客さんにお会いできるのか楽しみです。上海のみなさん、よろしくお願いいたします!

    Outside the building there was an avant-garde water fountain dancing to the music of Simon and Garfunkel. A woman was dancing along as well. I can see that China has changed a lot and it changed my impression of China in a good way. I can’t wait to meet the fans tomorrow. To all the Katsuya Terada fans in Shanghai, see you tomorrow!

     

    2019年5月28日、29日はライブ・ストリーミング配信があります。

    ライブ・ドローイング動画をご覧になるにはこちらの詳細情報をご覧ください。

    There will be a live streaming on 28th (Tue) and 29th (Wed) of May.

    Please see below for more information on how to watch the live streaming.

    https://pie.co.jp/series/4843107/

     

     

    (撮影・文:PIE三芳)

    ページ先頭へ
    COMIC ART TOP