PIE International

    Welcome to PIE International website! Please select
    your country or region.

    We hope you will enjoy our Pretty,
    Impressive and Entertaining (=PIE) Books!

    ノアンティクの夢物語 第6夜「マジックランタンの夢物語」

    ノアンティクの夢物語 第6夜「マジックランタンの夢物語」

    ハロウィンが近づくこの季節

    “ファロ・ティエ”の名で知られる男女二人組の行商人がランタンを売りに街へとやって来る。

    男の名はファロ。

    大量のランタンを引っ提げ、いつも眩しそうに照らされている。

    強く輝くその光は、どんな夜道も明るく照らしてくれる地獄の炎なのだと彼は言う。

    女の名はティエ。

    彼女は”マジックランタン”を使って、様々な物語を語ってくれる。

    そのうえ美味しいお菓子もくれるので、二人は子供達から大人気だった。

    ところが、ハロウィンが終わると

    二人は幽霊のように忽然といなくなる。

    しかも、マジックランタンに夢中になっていた数人の子供たちも一緒に……。

    彼らのランタンの炎は攫われた子供の魂なのではないかと噂されている。

     

    “マジックランタン”とは

    日本では幻灯機と呼ばれる。光源、レンズ、絵の描かれたガラススライドを使用する映写機である。17世紀半ばに登場し、19世紀にかけて娯楽や教育目的でヨーロッパ全土へと広がった。

    text:まくらくらま

    次回の更新は11月中旬の予定です。お楽しみに。

    シェアする

    このサイトは、サイトを改善するためにCookieを利用しています。
    お使いのブラウザにてのクッキーの有効/無効を設定いただけます。
    サイトを利用することで、Cookieの使用に同意するものとします。
    プライバシーポリシー

    OK