おとぎ古書店の幻想装画【第16回】椿姫(ジュゼッペ・ヴェルディのオペラ作品より)|夜汽車|PIE International

©️夜汽車

〜あらすじ〜
パリに椿姫というココット(高級娼婦)がいました。椿姫は社交界の華やかな暮らしに嫌気がさしていました。
ある日アルフレードという青年と出会い、真実の愛に気づいた椿姫は、それまでの生活を捨ててアルフレードと暮らすようになりました。
しかし、アルフレードの父ジェルモンがやってきて、椿姫に息子と別れてほしいと言います。アルフレードとの別れを決意した椿姫は、裏切ったように見せかけてパトロンの元へ戻り、アルフレードの元を去ります。
裏切られたと思ったアルフレードは怒り、パリに戻った椿姫を侮辱しますが、父ジェルモンから真実を聞かされたアルフレードは再び椿姫と暮らすことを望みます。
しかし、椿姫は肺結核で残りわずかの命だと気付き……。

 

©️夜汽車

~Rough draft~
途中で悩んでしまい、ラフからほとんど変えてしまいました。ドレスの質感と黒猫がお気に入りです。

次回は3月22日更新予定です! 次回もお楽しみに!!