2016年2月 

和ごころを伝えるデザイン

和ごころを伝えるデザイン
今、求められる!「新しい和のデザイン」のアイデア集
古き良き日本やこれからの新しい日本を伝えていくためには、どのようにしたらよいか。日本人の心の機微やわびさび、凛とした美しさ、雅な世界観など言葉は浮かんでくるけれど、具体的にはどのように表現したらよいのか……。また、日本国内でも、伝統芸能に馴染みの薄い若年層に向けた告知ツール、日本が誇る伝統食の新たな魅力を訴求させるために作られたポスターやパッケージなど、今、国内外で“和ごころを伝えるデザイン”が盛んに求められています。必携の1冊。
Format:B5判変型
Size:255×190mm
Pages:224Pages (Full Color)
Binding:ソフトカバー
ISBN:978-4-7562-4731-5 C3070
発売元 パイ インターナショナル
定価 (本体5,800円+税)
ネット書店で購入する
【モチーフ / パターン】
富士山や日の丸などの日本を彷佛とさせるモチーフ、四季を表現したもの、吉祥紋様や着物柄をあしらったものなど、和の伝統的なモチーフやパターンで表現したデザイン。

【フォトグラフィー】
人々を惹き付ける美しい日本の名風景、興味を引くためのクローズアップ写真、空気感を表現するために静的な写真を使う……など、手法はさまざま。

【タイポグラフィー&ロゴ】
日本古来のひらがな、カタカナ、漢字といった文字や和風テイストのロゴマークをあしらうデザイン。縦書きや横書き、筆文字などのフォントに注力し表現することで印象的な日本らしさをアピールできる。

【カラーリング】
和の伝統色を効果的にあしらったものや四季を彩る配色など、和のイメージを出しやすい手法。かさね色をうまく表現したり、時には鮮やかな色を合わせることでモダンな和を演出できる。

【イラストレーション】
浮世絵や錦絵の雰囲気を漂わせたり、有名な日本画の作品を用いることで、日本らしさをイメージさせることができる。他にも親しみやすさや情緒的な印象を与えたりなど、画材や手法を選ぶことができて表現の幅が広い。

【ニュー・ジャポニズム】 
商品や対象がもつ伝統的なイメージを継承しつつ、あえて和を意識せずに新しさを感じるデザインに。若い世代にも伝えたい、海外の方にも届けたいなどの思いを、和の魅力が新鮮に見えるように、シンプルで親しみやすさを込めた。
other sample imageother sample imageother sample imageother sample imageother sample imageother sample imageother sample imageother sample imageother sample imageother sample image

関連書籍

back